2011年6月アーカイブ

・ポケット管理法

バカラをする時、プレイに使うお金をひとつのポケットに入れ、儲けたお金をもう一方のポケットに入れる方法があります。

このお金の管理方法を応用して、プレイするチップを片方のポケットに入れてゲームを始め、このポケットに入っているチップだけを使って、ベットします。

このポケットが空になったら、その日は、そのテーブルを離れます。または、一度休憩して、ベット戦略を再検討します。
バカラのラウンドで勝ったら、全額または少なくともその一部を、もう一方のポケットに入れます。
バカラをプレイしている間は、そのチップは使いません。

この方法で、チップを分けることは、お金を使いすぎてしまう可能性が減り、少なくとも数ドルを残してカジノを後にするチャンスが増えます。

・予算管理法

バカラプレイヤーがお金を管理できる方法は、ギャンブルに使うお金の予算を立てることです。どのぐらいの時間プレイできるか、1時間にどのぐらい賭けるかを考慮に入れます。
プレイヤーのバカラ予算の上限は、プレイヤーがその日に賭けられる金額にし、最低限の予算は、カジノが設定するベッティングリミットの最低額に、プレイヤーがその晩にプレイできるゲームの数を掛けた額にします。

プレイヤーが1時間ごとに参加したいバカラのゲーム数と、参加しないゲームの数によってゲームの計画を立てることも重要です。

この計画は、バカラをプレイした後、または休憩無しに長時間に渡り他のカジノゲームをした後に起こりやすい、強迫観念でのギャンブルに発展させないために活用されるものです。
強迫観念に囚われる事なく、計画的にバカラを楽しみましょう。

・管理法のまとめ

バカラは、お金の管理ができれば、他のカジノゲームと全く同じです。

適切にお金の管理を行い、賭け金とその賭け方をコントロールすることが大切です。
これを成し遂げるためには、各自にあったお金の管理システムを確立することが必要です。

ポケット管理法の様ないくつかの秘訣がありますが、各自に合ったお金の管理法に従って予算を立て、その予算をオーバーしない様に守り抜く事が大切です。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。